初めてプルームテックを吸ってみた


以前の記事で、初めてグローを吸ってみたを更新したのですが、今回はプルームテックを初めて吸ってみようと思います。

そもそもプルームテックとはどんなものなのでしょうか?

気になったので調べてみました。

プルームテックとは、、、

JTが発売した、本体内部の綿に染み込んでいるグリセリンを水蒸気化させ、その蒸気をたばこカプセルに通すことでニコチン混じりの蒸気を吸入する、電子タバコの一種です。

付属品は、バッテリー、ACアダプター、USBチャージャーです。

使用前にバッテリーを充電することで、たばこカプセル5個分の連続使用が可能になります。(バッテリーは、90分でフル充電になります。)

たばこカプセル1つにつき、50パフ吸えます。(プルームテックでは、1吸いを1パフ、2パフと呼びます。)

プルームテックは、吸うと電源が点きます。これは画期的ですね!

電源が点いたのは、先端のLEDが点灯することで確認できますが、最初はちょこっと強く吸ったほうが良いみたいですね、、、。先端が青く光っているのが分かりますか?

本体が長いのでくわえタバコは厳しいかもしれません。

しかし、気付いたこと。

それは、あの嫌な臭いが全くしない!

この前飲み会で、上司2人がプルームテックを吸っていたのですが、全く臭いがしなくてびっくりしていたところでした。

それにしてもこんなに臭いがしないとは、、、これでしたら、禁煙の場所でもプルームテックだけOKが出るのは納得ができます。

50パフほど吸ったのち、LEDが青色で連続点滅が12回したら、たばこカプセルを交換する必要があります。

それから、なんとプルームテックは中断吸いができるそうです。

たとえば、吸い始めたときに宅急便が来たとしても、一本を無駄にすることがないので嬉しいですね。

先ほども書きましたが、全国の禁煙の店舗でもプルームテックだけOKが出されているところがあります。プルームテックの公式サイトに全国のプルームテックが吸える飲食店が出ていますので、チェックしてみてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする