初めてグローを吸ってみた


現在の日本では、加熱式タバコの需要が高まり、アイコス、グロー、プルームテックなど、様々な加熱式タバコが発売されていますね。今日はその中から、グローを初めて使ってみたいと思います

まず、グローとは、、、

イギリスのブリティッシュ・アメリカン・タバコ社による加熱式タバコです。紙巻タバコのようにタバコの葉を燃やすのではなく、電気で熱して発生する蒸気を吸って楽しむタバコです。

こちらがグローです。

アイコスよりも大きいですね。アイコスは、本体とチャージャーが別になっているのに対して、グローはこれ一つで充電でき、吸うことができます。

デザインもスタイリッシュで、手にフィットするデザインなので持ちやすいです。

では、実際にグローを使ってみたいと思います。

まず使う前に充電します。

付属品の充電器で充電します。グロー本体の丸いボタンを押すと今の充電残量を教えてくれます。全て光ればフル充電、20回以上は吸えます

しかし、丸いボタンの右半分の上部分が点滅している場合、要充電なので、使う前に充電してください。

こちらはフル充電の状態です。

さて、充電ができましたので実際にグローを吸ってみましょう!

こちらのネオスティックをグロー本体に挿し込んでいきます。

目安としては、色のついたラインが見えなくなるまで挿し込んでください。

次に、グローの丸いボタンを長押しします。3秒ほど長押しすると、本体が震えます。本体が震えたら、ボタンから手を離して待ちます。40秒ほどで、丸いボタンが全て点灯します。これで使用可能です。点灯していく様子が以下の写真です。

こちらで準備は完了です。

1本のネオスティックで3分以上は吸えます。ポップコーンのような香ばしい匂いがしてきました。

終わりが近付くにつれて、丸いボタンのライトが徐々に消えていきます。

全て消えたら吸い終わりです。自動で電源が落ちます。

グロー本体からネオスティックを抜きます。先端を持ってまっすぐ引き抜きましょう。

吸い終わったネオスティックは、可燃ごみで処分できます。とっても楽ですね。

以上がグローの使い方です。簡単でとても使いやすかったです。

正しい使い方でグローを楽しみましょう!

次回は、今回使用したグローを掃除していきたいと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする